出産内祝いとは?

出産内祝いとは、出産をした者の喜びを親戚や近所の方とわかちあうものでした。
本来は、お祝いをするのは出産側であり、受け取る側は、単に出産の喜びに対して、ともに楽しむものだけの行事でした。
それが現代では、出産をした時点で、出産祝いとして贈り物やお祝いを受け取った上で出産内祝いというと、そのお返し的な意味合いが強くなっています。時代の流れでもありますが、こうしたお付き合い上の出産内祝いの形の方が、贈る方も贈られる方もすっきりとして良いということも言えます。

出産内祝いを贈る時期は、お宮参りの頃(生後1ヶ月頃)が正式とされています。
本当なら、生まれた赤ん坊を連れて、夫婦揃ってご挨拶というのが理想です。しかし、出産内祝いに関しては、時期や挨拶の形については、それぞれの都合で考えると良いでしょう。というのも、真冬であったり、母子の健康状態によっては、産後1ヶ月ではなかなか出かけることが困難な地域もあります。
そんな時便利なのが、宅配を使用した出産内祝いです。お店に注文をして、そのまま配達をしてもらうものですが、夫婦揃っての挨拶がなくても失礼に当たることがありません。かえって、生後1ヶ月前後に品物が届くことで、贈られた方としても、嫌悪感がある方は少ないでしょう。
そして、お店だけではなく、インターネットを利用したネットショップなどからも豊富な種類の出産内祝いが揃っています。家にいながら、全国各地に出産内祝いをすることができ、とても便利です。

Copyright © 2014 出産内祝い 今の常識 All Rights Reserved.